最新の名刺について

よく目にする名刺について説明します

名刺は、挨拶がわりに使われる場合が多いものです。ビジネスシーンで使われることが多く、会社名や所属・名前や、電話番号などが書かれている物が多いです。プライベートでも、知り合いとの自己紹介を兼ねて使われる場合があります。名刺は、その人の顔として様々な場面で使われます。営業先でお客様が不在だった場合には、「来ましたよ」という印に置いていくということもあります。もちろん、「私はこういう者です」という自己紹介のかわりにお互いの物を交換します。ビジネスシーンでの名刺交換のタイミングは、国によって違います。アジアの国々は、自己紹介を兼ねて初めて会った際に交換する場合が多いです。しかし、西洋では別れ際に交換します。西洋では、パーティーシーンなどでの連絡先の交換はあったものの、ビジネスシーンではあまり頻繁に用いられなかったということです。近年は、アジアとの取引をする機会も増えて一般的になってきています。名刺の形状は様々な物がありますが、携帯しやすい手のひらより小さいサイズが一般的です。